ITは夢から現実へどんどん近づいています

ITという世界は、これからもどんどん夢があるような世界になっていくのではないでしょうか。こんなことも出来る、あんなことも出来るというようなことが増えていくように思います。少し前までは夢でしかなかったようなことが、もう現実になっているということはとても素晴らしいと思います。

バーチャルとリアルの世界が少しずつ近づいてきているように感じます。
そうなってきているのは、技術者のアイデア力や努力というものももちろんありますが、実際にITというものに触れている消費者、一般人の感覚というものが変わってきたということではないでしょうか。

実際にそれがどんなに便利なものなのか、それは自分が使ってみないと分からないということから、モニター的なことをしている人も多いでしょう。
たくさんの人の意見があってこそ、ITという世界は発展していくのだと思います。そうではなければそこで止まったままになってしまっているかもしれません。

もしも止まったままだというようなことでしたら、今でもそれが止まったままになっているわけですから、ここまで発展しているということを見ていると、やはり夢だと思っていたようなことが、いつの間にか夢ではなくなっているというようなことがあるわけです。
それはとても素晴らしいことですし、とても楽しみなことだと思います。

これからどんどん進化し、発展していくITという仕事は、夢を夢では終わらせずにもっと現実に近づけていき、いつしか現実を超えるくらいのところにまで行くのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です